知っておくべき、肩こりが悪化する人の眠りのパターン!


知っておくべき、肩こりが悪化する人の眠りのパターン!

快眠のためには、

自分の体内環境を整える
寝室の外部環境を整える

この2点が大切です!

特に、自分がコントロール出来る部分をコントロールすることが
大切です。

「心地より眠り」と「爽快な朝の目覚め」に
騒音、温度、湿度、寝具をチェックしてみてくださいね。

どうすれば『朝に弱い…』を克服し、早起きの習慣を作れるのか

まず眠る習慣をきっちり作ることです!

快眠・不眠も実は枕に依るところが大きいのですよ(^^)
一日の約3分の1を占める睡眠。
ストレスの多い社会ゆえに良質の睡眠が重要になってきています。

よりよい枕を選んで快眠を♪
枕が合わない一番の原因は「正しい寝姿勢」が
とれていない事にあるにあります。

 「肩凝り」

   ↓

 「首の痛み」

   ↓

 「背中の痛み」

この順番で、ご自分に合わない枕を使っていると
困ったことになります。

眠れない夜に睡眠薬はとても役立ちますが、
できれば頼りたくないですよね?

眠る直前に下記のようなことされていませんか?

・リラックスするため、就寝直前に入浴する
・寝つきをよくするために、アルコールをとる
・眠れなくてもベッドの中でじっとしている
・眠れない時は、タバコを吸う
・眠れない時は、ベッドの上でテレビや本を読む
・激しい運動をして肉体的な疲労感をえてよく眠れるようにする
・日中眠くなっても、夜眠れなくなるので昼寝はしない

まずは、生活習慣の見直しおすすめします!

あなたとあなたの大切なひとたちが、
グッスリ眠って幸せになることを心から祈っています。

もしご参考になりましたら、Facebook,
Twitter,Google+,はてなブックマークで共有するしてくれると嬉しいです^^

コメント

  1. pokoporo より:

    あなたとあなたの大切なひとたちが、 グッスリ眠って幸せになることを心から祈っています。