【明るい2014年のために。】快適に眠り、気持ち良く目覚めること。


〜より良い明日へ 眠りで日本を元気に〜

人間は人生の三分の一を眠って過ごす
しかし、今や日本人の3人に1人が睡眠に関わる問題を抱えています。

睡眠不足、睡眠障害は仕事や勉強の能率を低下させるだけでなく,
労働災害や交通事故のリスクを高めます。
そして、生活習慣病やメタボリックシンドロームと深く関係しています。

このように睡眠は経済活動から社会生活全般、
子どもたちの学力まで、社会の幅広い分野に大きな影響を及ぼしています。

人間の大脳は眠ることによって覚せい時に最大限に機能します。
眠りはより良い明日のために脳を休め、体を準備します。
例えば、
眠りと体温の相関関係
光と体内時計の関係
睡眠ホルモン・メラトニン
スマートフォン 睡眠妨げる一因にも
成績を上げる眠り方
3歳までに睡眠リズムを
睡眠時無呼吸症候群 生活習慣病、深く関係
高齢者はなぜ眠れない?
こういった正しい睡眠知識を学んで日常生活で実践していただき、、
睡眠の重要性に気づき、睡眠で健康になること、
日常生活をより充実したものにしていただきたいと思っております。

そんなお手伝いができるように、睡眠環境作りができるように、
快適な寝具をお届けしています。

快適に眠り、気持ち良く目覚めることが、日本を元気にする。

 

 

 

MK3_4054